寛文年間 初代 川島庄之助、江戸で創業
安政2年 先々代 川島庄之助、日本橋小伝馬町に居を構え今日の礎を築く
昭和29年4月 株式会社 川島紙店 小間紙部として発足
昭和32年6月 小間紙部改め川島洋紙店として独立、資本金500万円
昭和39年9月 大阪営業所新設
昭和40年7月 資本金1,000万円に増資
昭和40年9月 東京都墨田区に本社営業所新設
昭和44年6月 資本金2,000万円に増資
昭和47年8月 川島商事株式会社に社名変更
昭和48年7月 資本金4,000万円に増資
昭和48年8月 戸田配送センター新設
昭和49年12月 仙台営業所新設
昭和50年6月 大阪営業所を支店に改組
昭和58年1月 大阪支店を新築移転 川島商事大阪店と改組、東京店と同格とする
昭和58年1月 仙台営業所を支店に改組
平成元年4月 仙台支店を新築若林区卸町に移転
平成5年7月 東京店社屋新築
平成6年7月 東京店を東日本営業本部、大阪店を西日本営業本部に改組
平成16年5月 西日本営業本部 第2倉庫新設
平成20年11月 戸田配送センター新築